上田西ロータリークラブクラブの沿革会長挨拶役員・理事・委員会構成例会予定例会の変更会報
 会長挨拶

上田西ロータリークラブ
2018-2019年度
会長 久保田 修二

「変化と柔軟性」

    

 バリー・ラシン会長の掲げるRI会長テーマは「“BE THE INSPIRATION” インスピレーションになろう」です。「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」ビジョン声明は、次のように謳っています。

 「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」。ビジョンの実現にはまず組織づくりが必要だと、「ロータリーは第一に会員制組織です。ですから、奉仕活動を通じてより良い世界を築きたいと願うなら、まずは会員を大切にしなければなりません」、さらに『ポリオ撲滅の進展』、『環境の持続可能性を守る』ことにもふれています。

  また、RI 2600地区、伊藤雅基ガバナーは、地区の標語を『FIND THE VALUE』とし、「ロータリアン、ロータリークラブ、地区、国際ロータリーは、私たちを取り巻く地域社会・国際社会そして経済環境の変化、また、人々の価値観の変化と整合を取る必要があります。情報があまりに早く世界を駆け巡る中、かえって立ち止まることが多いと感じます。本年度は、改めてロータリーとその活動の価値を一人一人が見いだし、自らが実践するロータリアンとして昨日と違う自分を見つけ、継続して実行していく人になりましょう」と述べられています。

 上田西ロータリークラブは、諸先輩の方々の努力により、規律を保ちながら大変和やかなクラブとして、来年30周年の事業年度を迎えます。また、念願であった当クラブからのガバナー選出が決まりました。周年事業の準備、ガバナーの支援体制の構築等、皆様の知恵やマンパワーが今まで以上に必要となります。

《 クラブ重点事項 》

○会員を増強する

○クラブの活力の源泉である親睦を図る

○+1の情報、知識を得る、あるいは相互理解をより深められる例会にする

○ロータリーデー等の公共イメージの向上を図るイベントに積極的に参加

○事業の見直し、検証をする

○ガバナーノミニーへの協力

○R財団、米山記念奨学会への協力

○地区への参加




上田西ロータリークラブ
〒386-0024 上田市大手1-10-22
TEL.0268-26-3900/FAX.0268-22-3141
Mail.uedawest@ceres.ocn.ne.jp