スペーサー
トップページサービスメール安心パック>メールウイルスチェック機能Q&A
 
メールウイルスチェック機能Q&A
サービス全般について
メールウイルスチェック機能とは何ですか

UCVのメールサーバ上にてメールのウイルス検知ならびに駆除を自動的に行う機能です。メールの送信、受信ともウイルスチェックを行いますので、安心してメールをご利用いただけます。

利用できる人は

UCVインターネットサービスをご利用の方で、UCVにて発行しているメールアドレス

(メールアドレスに「ueda.ne.jp」、「sugadaira.ne.jp」が含まれるもの)が対象です。

パソコンの設定変更は必要ですか

パソコンの設定変更は不要です。

今までのメールウイルスチェックサービスとメール安心パックのメールウイルスチェックは機能に差がありますか。

2つのサービスは同等のサービスです。メールウイルスチェックサービスをご利用の方は同じ月額料金で迷惑メール振り分け機能が新たにご利用いただけます。お申込みは専用ページよりお手続きください。

メールウイルスチェックサービスを利用していますが、自動的に迷惑メール振り分け機能の利用が開始されますか

メールウイルスチェックサービスをご利用の方も、メール安心パックをご利用いただくにはお申し込みが必要です。専用の申し込みページよりお手続きください。月額料金は200円のままでご利用いただけます。

機能について
全てのウイルスが必ず防止されますか

全てのウイルスを検知・駆除できると保障するものではありません。定期的に最新のパターンファイルに更新しておりますが、その時点で弊社のメールサーバ上で把握しているウイルスのみ対応が可能です。

添付ファイル付きのメールを受信した際に下記メッセージが表示されます

「このメールは検索制限を超過したため、ウィルススキャンを中断しました。このメールにはウィルスが含まれている可能性があります。」

パスワードによる保護がされた圧縮ファイル(パスワード付zipファイル等)はウイルスチェックできません。そのため、上記のような案内文面と合わせてお客様のメールボックスにメールを配送します。

ウイルス付きのメールを受信した場合はどうなりますか

ウイルスの駆除を行い、メール本文をお客様のメールボックスに送ります。

ウイルス付きのメールを送信した場合はどうなりますか

ウイルスが検出されたことをお客様にお知らせします。相手の方にはメールそのものは送りません。

メール転送サービスを利用している場合はどうなりますか

UCVのメールサーバでウイルスの検出・駆除を行った後にメールを転送します。転送先でも安心してメールがご利用いただけます。

利用しているセキュリティソフトは不要になりますか

メールの送受信以外の経路で、悪意あるソフトウェアがパソコン内に侵入するケースもあります。万が一に備えセキュリティソフトをパソコンにインストールされることをお勧めいたします。

セキュリティソフトのウイルス対策機能と比べた場合のメリットは

弊社メールサーバにて、ウイルスの情報を定期的に更新し、随時更新された最新データでメールをチェックしているため安心です。 またメールサーバ側で検知・駆除を行いますので、お客様のパソコンに負荷がかからないため、快適にご利用いただけます。

ホームページの閲覧等も安全になりますか

ウイルスチェックの対象となるのはUCVのメールアドレスの送受信のみです。ウイルスの感染は、メール以外にもホームページからのダウンロードやCD-ROMなどのメディア経由によるものもあります。メールウイルスチェック機能だけでは安全とは言い切れません。メール安心パックと併用でセキュリティソフトをパソコンに導入いただくことをお勧めいたします。UCVではウイルスバスター月額版のサービスを行っております。

申込について
申し込みをするには

申し込みページよりお申し込み下さい。料金につきましてはお申し込み月の翌月より課金となります。

申込みから利用開始までどのくらい時間がかかりますか。

お申し込み手続き後、弊社2営業日以内にご利用が可能です。

メール安心パックを解約したいのですが

解約ページよりお申し込み下さい。料金につきましてはお申し込み月まで課金となります。

メールアドレスを解約するとどうなりますか

メールアドレスを解約されますと本サービスも同時に解約となります。WEBメールシステムの設定や振り分けされたメールは消去されます。料金はお申込み月までの課金となります。

※表示金額は特に記載がある場合を除き税抜です。

スペーサー