スペーサー
トップページ番組・地域情報>ガス de クッキング

番組表

UCV1番組/放送予定 UCV2番組/放送予定 地域の映像/コンテンツ 防災・緊急情報 その他

UCVガス de クッキング

UCV1で放送中のガスdeクッキング(上田ガス提供)は、上田ガスの料理教室にお邪魔して旬のレシピを紹介しています。すぐに役立つレシピ満載です。

毎月レシピが変わっていきます。 郷土食から世界の料理まで幅広いレシピを紹介します。
UCV1放送日時 毎週月・火曜日 8:55、11:55、14:55ほか

※放送時間は変更となる場合があります。

9月のレシピ
中辛カレーパン 
講師 菊地貴美子さん

【ひとくちメモ】
揚げるときのパンを裏返す菜箸の使い方がポイント! 詳しくは番組をご覧ください。

【材料】
強力粉 160g
薄力粉 40g
砂糖 16g
塩 4g
インスタントイースト 2g
スキムミルク 8g
ショートニング 20g
卵黄 Sサイズ1個
水 100g
カレー、溶き卵、パン粉(もしくは、コーンフレークを砕いたもの) 適量

【作り方】
@ ボウルに水、卵黄、油脂以外の材料を入れホイッパーで攪拌する。
A 中央をくぼませ、木杓子に持ち替えて、水、卵黄を入れ
ひとかたまりになったら、台に出し、約5分しっかり捏ねる。
B 油脂を加え、更に7〜8分捏ねる。生地はやや伸びが悪いくらいで切り上げる。捏ね上げた後の生地の温度は27〜28℃が理想。
C Bの生地を30℃で50分一次発酵させる。(35℃で40分でも可)
発酵状態は普通のパン生地同様でよい。
D 45gずつに分け、15分休ませたら麺棒でのばしてカレーを包み、丸くする。
E 卵液に通し、パン粉をまぶす。とじ目を下にして布の上に取り、35℃で30分ほど二次発酵させる。湿度の低下に注意する。
F 180℃に油を熱し、生地の表を下にして揚げる。3〜4分かけて表裏キツネ色に仕上げる。

 

 

 

8月のレシピ
夏野菜でぎゅうぎゅう焼き 
講師 王鷲美穂さん

【ひとくちメモ】
パーティーなどの時は、天板ごとテーブルに並べても♪

【材料】4〜6人分
お好みの夏野菜(キャベツなどでも◎)

ミニトマト  6個
じゃがいも  1個と1/2
玉ねぎ    1個と1/2
なす     1本
ズッキーニ  1本
パプリカ   1/2個
ブロッコリー 1/2個
とうもろこし 1本
鶏もも肉   1枚と1/2枚
オクラ    6本
ウィンナー  6本
ローズマリー 6本
にんにく   3片
鶏肉の下味用の塩  小さじ1/2
オリーブオイル   100cc〜150cc
塩      小さじ1と1/2
こしょう 適量

【作り方】
@ じゃがいも、玉ねぎはそれぞれ4等分してからラップをかけ電子レンジで 軽く火を通す
A 鶏肉は、1/4の大きさに切り、フォークで両面に穴を開けてから 塩で下地をつける
B 野菜はそれぞれ好みの大きさに切る
C オーブンは、180℃に余熱する
D 大きめのボールに、にんにんくをすりおろし、塩・オリーブオイルを入れて なじませてから、野菜とAの鶏もも肉を入れ、表面に膜を作るように絡める
E オーブンの天板にクッキングシートを敷き、食材を彩りよく並べ  オーブンで40分〜45分様子を見ながら焼く(焦げそうなら  170℃に下げる)
F 焼けたら、お皿に盛りつけて粗挽きコショウをふりかけて出来上がり

 

 

 

7月のレシピ
ルーも小麦粉も使わない チキンカレー
講師 横山じゅん子さん

ひとくちメモ
香りづけのガラムマサラは、最後に入れましょう。

【材料】 6人分
鶏肉 1枚
玉ねぎ 3個
トマト水煮 1缶
水 トマト缶1杯分
にんにく 1個
カレー粉 大さじ3
ヨーグルト 100g
塩 小さじ2
砂糖 ひとつまみ
バター 20g

お好みで
クミン(ホール) 大さじ1
ガラムマサラ 大さじ1

【作り方】
@鶏肉、玉ねぎは大きめのみじん切りに、にんにくはみじん切りにする。
A鍋を火にかけバター、にんにく、クミンを入れ、香りが立ってきたらバターが溶けないうちに玉ねぎを入れて炒める。
B玉ねぎが透き通ったら鶏肉を入れ、混ぜ合わせる。
Cトマト缶と水を入れて20分ほど中火で煮込む。
D塩を入れて味を調整したらカレー粉を入れ素早く混ぜ合わせる。
Eヨーグルトをよくかき混ぜてなめらかにしてから加える。
Fガラムマサラと砂糖を入れたら火を止めて出来上がり。

 

6月のレシピ
<料理名>タイ料理 ゲーンチュウートーフー
(野菜と手作り豆腐のスープ)

講師 赤沼真知子さん

【材料】(4人分)
スープ
白菜もしくは小松菜  4枚
セロリ        1本
水          800cc
ナンプラー      大2
塩          小1
こしょう

卵豆腐
(卵2個、だし汁100cc、しょうゆ小さじ1、みりん小さじ1、塩小さじ1/4)
肉団子
(豚ひき肉120g、にんにく1片、ナンプラー大さじ1)

海苔 1枚(適当な大きさにちぎる)

【作り方】
@卵豆腐の材料を混ぜ型に入れ、蒸して卵豆腐を作る。
A肉団子の材料を混ぜ、一口大に丸める。
B鍋にスープの材料を混ぜて火にかけ、卵豆腐と肉団子を入れる。
C器に盛り、海苔を散らして完成。

 

5月のレシピ
<料理名>苺とココナッツのマフィン
講師 大森由紀枝さん

<材料> (マフィン型 6個分)
A  薄力粉 120g
全粒粉 100g
ベーキングパウダー 5g
塩 ひとつまみ

B  菜種油 70g
きび砂糖 60g
豆乳 200g

苺 100g+飾り用少々
ココナッツ 20g

<作り方>
@苺は適当な大きさにカットしておく。飾り用はスライスしておく。
AAをふるって、ひとつのボウルに入れ、ココナッツを加える。
BBをひとつのボウルに入れて、泡立てるようによく混ぜる。
CBをAに加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
Dカットした苺を加えて、さっと混ぜる。
Eマフィン型に入れて(1個=約100g)、スライスした苺、ココナッツを飾り、180〜190度のオーブンで20〜25分焼く。

 

4月のレシピ
韓国海苔巻 キンパブ
講師 赤沼真知子さん

<材料> 4人分
ご飯  2合分
塩   小さじ2
白ゴマ 小さじ2
ごま油 小さじ2

牛肉     50g
塩・コショウ 少々
砂糖     大さじ1/2
しょう油   大さじ1
コチュジャン 大さじ1/2
焼き海苔

その他の具
にんじん、ごぼう、ほうれん草などの茹で野菜
たくあん、フィッシュソーセージ、卵焼き など

<作り方>
@炊きたてのご飯に、分量の塩、白ゴマ、ごま油を混ぜる
A牛肉はフライパンで塩、コショウをして炒め、砂糖、しょうゆ、コチュジャンで和える
B巻きすに海苔を敷き、ご飯をのせて薄く広げ具を巻き込む

 

 

3月のレシピ
和風だれの簡単ローストビーフ
講師 山崎則子さん

<ひとくちメモ>
付け合わせは黄味おろしやワカメ、すだち、クレソンなどをお好みで

<材料>
牛ももブロック 500g
塩 大さじ3〜4
油 適量
長ネギ 1/2本(みじん切り)
大葉 10枚(千切り)
水あめ 大さじ2
煮汁
めんつゆ(3倍濃縮タイプ) 大さじ1
酒 大さじ6
水 大さじ1
しょうゆ 大さじ2

<作り方>
@牛ももブロックは、全体にたっぷりと塩をまぶし、室温で10分〜20分おく。
Aフライパンに油をひき、@全面を強火で焼く。
B焼いた肉を熱湯にサッと通し、塩と油を取る。
C肉が隠れるくらいの深い鍋に煮汁の材料を入れ、沸騰したら長ネギと大葉を加えて強火にし、肉を入れて混ぜる。
D蓋をして弱火で10分〜15分ほど煮込む。
E肉を鍋から取り出し、そのまま冷やす。
F残りの煮汁に水あめを入れ、弱火でひと煮立ちさせる。
G肉が冷めたら1cm弱にスライスして、皿に盛り付けFをかける

 

2月のレシピ

じゅん子ママ風 
砂糖を使わないチキン南蛮

講師 横山じゅん子さん

ひとくちメモ
南蛮ソースは鶏肉が揚がるまでに作っておきましょう。

<材料>
鶏胸肉 2枚
小麦粉 カップ1
白ワイン 50cc
水 100cc
塩 小さじ1/2
揚げ油 適量

南蛮ソース
ゆで卵 2個
玉ねぎ 1/2個
マヨネーズ カップ1弱
レモン汁 大さじ1
酢 大さじ2
塩 ひとつまみ

【作り方】
@ゆで卵と玉ねぎをすりおろし、マヨネーズを加えてさっくり混ぜたらレモン汁と酢を加え、南蛮ソースを作る。
A鶏胸肉は皮目から厚めにそぎ切り、塩コショウをする。
Bボールに小麦粉、ワイン、水を入れて小麦粉がダマにならないようによく混ぜ合わせる。
CAにBの衣をつけ、180℃位の油で揚げ、油を切ったら@の南蛮ソースの中に入れる。

1月のレシピ

ガトーショコラクリュ
講師 福岡万喜子さん

<材料> (9cmミニハート型)
チョコレート 25g
バター 15g
卵黄 0.5個
卵白 0.5個
はちみつ 2g
薄力粉 3.5g
ココア 3g

【下準備】
器具は全て水分、油分の無いようにしておく。オーブンを170℃に予熱する。薄力粉とココアを合わせてふるう。卵黄と卵白をそれぞれボールにわけて入れる。
【作り方】
@ チョコレートは溶けやすいサイズに刻み、バターと一緒にボールに入れて湯煎にかける。
A 卵黄に砂糖の半量を加え泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。
B 卵白は泡立て器で軽くほぐしてから砂糖を加え、すくい上げるとトロ〜っとする位に泡立てる。(混ぜすぎない。)
C @を湯煎から外しゴムベラなどで滑らかになるまで丁寧に混ぜ、Aに入れて混ぜる。
D Cにはちみつを加え混ぜ、ふるっておいた薄力粉とココアも加えて手早く混ぜる。
E Bの卵白をもう一度軽く混ぜてキメを整え、Dに2回に分けて加え混ぜ合わせる。
F 型に流し込み、オーブンで焼く。約10分〜12分で様子を見て、真ん中がうっすら焼けたら取り出し(半生で大丈夫)ケーキクーラーにのせて冷ます。
G 冷蔵庫で冷やして、完成。

12月のレシピ

きのこと野菜を使ったおふくろ料理から

きのこごはん 〜田島豊子先生〜
*材料(4人分)
米 4合
きのこ(くり茸)なければエリンギやしいたけ 約200g
サラダ油 大2
しょう油 大2  →味を見ながら小1を足しても◎
砂糖   大2
みりん  大1
水    50cc

作り方
@ きのこは洗って食べられない部分を切る

A @をなべに入れて、水を加え 油、しょう油、砂糖、みりんを入れえ、かき混ぜながら煮る

B きのこがしんなるするまで煮たら、煮汁をザルで切る

C 炊き上がったごはんにBを混ぜたら完成

混ぜるので、きのこを濃い目の味付けで煮るのがポイント
さらに、大根の葉を茹でて細かく切り、ひとつまみの塩と干しエビを混ぜれば
青葉めしにも◎

11月のレシピ

伝統のベトナム料理から
揚げ春巻き(チャージョー)
〜赤沼 真知子先生〜

*材料(6人分)
豚ひき肉 150g  
えび 75g  
にんじん 1/2本  
たまねぎ 1/2個  
しいたけ 3個  
春雨   45g  
きくらげ 10g  (水で戻して小さく切る)  
砂糖    小2  
ナンプラー 小2  (醤油で代用可)  
塩     小1/2  
コショウ  少々    
生春巻きの皮  6枚  
つけ油、揚げ油

@ 材料の下ごしらえをする  ひき肉は白くなるまで練っておく  えびは殻と尾を取って細かく切る  にんじんは、長い細切りにしてみじん切りに  タマネギは、細かいみじん切り  しいたけは軸と一緒にみじん切りに  材料は包む時に皮が破れないよう細かく切る  

A 切った具と調味料を混ぜ、生春巻きの皮で包む 皮を水につけ、水で湿らせたキッチンペーパーの上で手早く作業するのが オススメ

B 170℃程度の油でこんがりきつね色になるまで揚げる (表裏それぞれ4分程度)

C タレ(ヌクチャム)を付けて頂く ナンプラー・大3 砂糖・大3  レモン汁・大2 水・大6 すりおろしにんにく・小2

スペーサー

10月のレシピ

料理名:山海煮(さんかいに)
講師 北原百合子子さん

<材 料 (作りやすい量 約1kg>
干ぴょう300g
貝べり250g
姫ひじき30g
きざみ昆布70g
キノコ類 250g〜300g
砂糖 400g〜500g
みりん 350t〜400t
醤油 400t〜600t

< 作り方 >
@干ぴょうは水にもどして1cmくらいに切る。
A貝べりは水洗いして5o?8oくらいに切る。
Bキノコ類は1cmくらいに切る。
Cひじきときざみ昆布は水に戻す。
D材料と調味料を全て鍋に入れて火にかける。
E沸騰するまで煮たら蓋をして火を止める。
Fこれを3〜4回繰り返して煮汁がなくなるまで煮る。

スペーサー

9月のレシピ

ラディッシュのサッパリサラダ
講師 菊地 貴美子さん

<材料>(4人分)
◎季節の野菜
二十日大根や貝割れ大根、きゅうりや
パプリカなど適量
◎蒸しタコ 少々
◎ドレッシング
昆布茶 3g、 お湯 大さじ1、
醤油 大さじ1、 酢 大さじ1

<作り方>
@ 二十日大根は薄く切り、貝割れと一緒に氷水に入れてパリッとさせ、水気を切っておく。

A ボウルに、昆布茶とお湯、醤油、酢を入れ、ドレッシングを作る。

B @と蒸しタコ少々をグラスに盛り、Aのドレッシングをかける。

番組では、イタリアン・カフェランチからチキンのトマト煮も紹介します。

スペーサー

チキン・トマト煮

  1. 鶏ムネ肉(大1枚)は皮を剥ぎ、フォークで数カ所穴を開け、塩コショーしたらワインに30分漬け込み、途中一口大にそぎ切りして、更に30分漬け込む。(お肉が柔らかくなる。一晩漬け込んでもいいです。)
  2. @の肉に片栗粉をまぶす。フライパンにオリーブオイル少々ひき、肉の両面に火を通したら一旦取りだす。同じフライパンに水、ホールトマトを各100CC、レンジに1分かけた微塵切りタマネギ1/4個分を入れ、ケチャップ大匙 1、顆粒コンソメ小匙1、塩、コショー少々加え火にかけトマトソースを作る。鶏肉を戻し入れ暫く煮込み、完成です。
スペーサー

料理教室の日程は上田ガスホームページで確認できます。


TEL 0268-22-0454

スペーサー