スペーサー
トップページサービス>有害サイトブロックサービス
有害サイトブロックサービス 有害サイトブロックサービスのお申し込み インターネット すでにご加入の方へ ケーブルテレビ

デジタル放送

安全安心 UCVは「安全で安心なプロバイダー」として認定されています。(認証番号:T0010)
UCV有害サイトブロックサービス「i-フィルター」

UCV有害サイトブロックサービスは子どもたちにとって好ましくないホームページの閲覧を防止します。

料金は、設定するパソコン1台につき月額200円になります。 

ソフトは、『 i-フィルター for プロバイダー 』を使用します。

対応OS:Windows10 ・ 8.1 ・ 8 ・ 7 ・ Vista(メモリ:1GB以上)
詳細は動作環境をご覧ください。

有害サイトのトラブルが増加! 普通のキーワードの検索結果でのトラブル掲示板への書き込みでのトラブルスパムメールからのワンクリック詐欺サイトのトラブルフィッシング詐欺サイトでのトラブル

インターネットで、何でもないような言葉で検索したのに、見たくないサイトにたどり着いた・・・。 こんな経験はありませんか?インターネットを使ったお子さまの調べ学習やネット閲覧の際にも、 そんな危険性が潜んでいるのも事実です。

実際にトラブルや事件に巻き込まれかねない出会い系サイトや闇サイト・家出サイト・自殺サイト。 「ネットいじめ」につながる学校裏サイト・裏掲示板。 そして、大人でもうっかり個人情報を入力してしまうほど巧妙なワンクリック詐欺サイトも存在しています。

警察庁発表、子供たちを狙ったインターネットの犯罪が急増 -インターネットを利用した児童買春事犯および青少年保護育成条例違反-

警察庁が発表した広報資料によると、平成20年上半期において、インターネットを利用した児童買春事犯および青少年保護育成条例違反として報告があった件数は495件、前年同期385件に比べ110件も増加しています。 実際にトラブルが増加している例として、それらの犯罪の温床とされる有害サイトの代表例の一つ、「出会い系サイト」に関連した事件の動向を見てみましょう。

スペーサー

被害者の8割が18歳未満 -出会い系サイト関連事件被害者数-

「出会い系サイト」関連事件の被害者のうち、85%(356人)が18歳未満でした。 最近では、小学生が「出会い系サイト」を通じて知り合った男性に誘拐される事件も発生し、有害サイトの被害者は低年齢化しています。

スペーサー

安全意識だけでは被害を回避できません。 子ども自らがインターネット利用時に気をつけていること

内閣府発表の資料より、インターネット利用時に、子ども(小学生)自らが注意をしていることがうかがえます。 しかしながら、巧妙化する有害サイトの前では、必ずしも自分で正しい判断を下しているとは限りません。

スペーサー

安全意識はあっても知らぬ間に有害サイトへとアクセスさせられるケースも多く、家族全員が安心してインターネットを楽しむためには、人の代わりに有害サイトをフィルタリングするソフトの導入が必要不可欠です。

有害サイトブロックサービスに今すぐ申し込む

※表示金額は特に記載がある場合を除き税抜です。

スペーサー
スペーサー